障害者関連ニュース

障害者積極雇用 県が新たに6事業所認定

2502_1

県は、障害者を積極的に雇用している本年度の「笑顔いっぱい! フレンドリーオフィス」に、松戸市の卸売り・小売業「トラスコ中山 プラネット東関東」など六事業所を新たに認定した。

 ほかに認定されたのは、ケイ・ティ・サービス(市原市、医療・福祉)、サービスワン(同市、同)、バラの学校(館山市、教育・学習支援業)、ニッポン食堂(白井市、農・林・漁業)、ティーエスケー(船橋市、建設業)。

 認定制度は二〇〇八年度から始まり、県は今回の六事業所を含め百四十二事業所を認定。事業所には認定書が交付され、県ホームページに紹介されたり、県の融資制度が利用できる。

 今回認定された六事業所では、障害者が物流センターでの格納作業、事務での集計作業や封筒印刷、畑や農園での管理作業などに従事している。

 県内でハローワークを通じた障害者の就職件数(一四年度)は、過去最高の二千七百八十四件。 (村上一樹)

東京新聞 「障害者積極雇用 県が新たに6事業所認定」