お薬・サプリメント事典

抗酒薬

抗酒薬はアルコール依存症の改善やお酒をやめるための薬です。

アルコールの分解過程を抑えることで、身体に不快感を与えて飲酒を抑える効果があります。

 

脳の神経に作用し、飲酒欲求を抑制することでアルコール摂取量を抑える効果があります。