お薬・サプリメント事典

抗パーキンソン病薬

パーキンソン病とは、脳内物質の「ドパミン」の量が低下し、その影響で手が震えたり、体の筋肉が拘縮したり、姿勢の維持が難しくなるといった症状が出る病気です。効果の種類によって薬の種類も分けられるため、医師に相談して適した薬を服用してください。

 

L-ドパ(レボドパ)

「L-ドパ」はドパミンの前駆物質で、パーキンソン病の人が不足するドパミンを補充する作用があるお薬です。治療の中心的な薬剤として使用されており、最も有効な薬とされております。

メネシットネオドパストンドパール(L-ドパ)

 

ドパミン受容体刺激薬(ドパミンアゴニスト)

「ドパミンアゴニスト」はドパミン受容体に直接作用し、ドパミンの作用を補うことでパーキンソン病の症状に効きます。Lドパと比較すると効果は弱いですがその分薬の作用時間は長くなります。

パーロデル(ブロモクリプチン)

ぺルマックス(ペルゴリド)

カバサール(カベルゴリン) 

ビシフロールミラペックスLA(プラミペキソール)

レキップ(ロピニロール)

 

COMT阻害薬(コムタン)

ドパミンの原料となる物質を分解してしまう酵素「COMT」の働きを抑えます。

コムタン(エンタカポン)

 

抗コリン薬

抗コリン薬はアセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する作用があります。これによりドパミンとのバランスが取れるようになり、パーキンソン病の症状が改善されていきます。

アーテン(トリヘキシフェニジル)

アキネトン(ビペリデン)

 

MAO-B阻害薬

ドパミンを分解してしまう「MAO-B」という酵素の働きを抑え、ドパミンの効き目を長続きさせます 。

エフピー(セレギリン)

 

 

アデノシンA2A受容体拮抗薬

パーキンソン病では、ドパミンの作用が弱くなるため、相対的にアデノシンの作用が強くなることで運動機能が低下してしまいます。アデノシンA2A受容体拮抗薬は、アデノシンの作用を阻害することにより、運動機能低下を防止します。

ノウリアスト(イストラデフィリン)

 

ドロキシドパ

パーキンソン病は、ドパミンの減少と同時に、ノルアドレナリンの減少もみられます。ドロキシドパはノルアドレナリンを補充する薬です。

ドプス(ドロキシドパ)

 

アマンタジン

アマンタジンドパミン神経からのドパミンの分泌を促進します。

シンメトレル(アマンタジン)