お薬・サプリメント事典

抗うつ薬

抗うつ薬は、脳内の神経伝達系(セロトニン、ノルアドレナリン系)に作用することで、うつ病の症状を改善いたします。

薬の種類は作用機序によって「SSRI」「SNRI」「NaSSA」「三環系」「四環系」の5種類に分けられます。

三環系、四環系の古いタイプは、効果はあるものの脳内神経伝達系以外にも作用してしまうため、副作用が出やすい点が欠点でした。それを改善したのがSSRI、SNRI、NaSSAの新しいタイプです。セロトニン、ノルアドレナリン系に集中して作用するため副作用が出にくいのが特徴です。

薬の使用期間や、経済的負担の面から、新しいものが必ずいいというわけではありません。人によって相性がいい薬が異なるため、医師へ相談して使用してください。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

セロトニンの再取り込みを阻害することで、神経細胞の間のセロトニンが増加。情報伝達が強化され、抗うつの効果を発揮する。

商品名(成分)

パキシル(バロキセチン)

デプロメール(フルボキサミン)

ジェイゾロフト(セルトラリン)

レクサプロ(エスシタロブラム)

 

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

神経細胞間のセロトニンとノルアドレナリンの量が増加されることで、情報伝達を強化。抗うつ効果を発揮すると考えられている。

商品名(成分)

トレドミン(ミルナシブラン)

サインバルタ(デュロキセチン)

 

NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異性セロトニン作動性抗うつ薬)

比較的新しい抗うつ薬。ノルアドレナリンおよびセロトニンの神経伝達を増強することにより効果を発揮する薬。

商品名(成分)

レメロンリフレックス(ミルタザビン)

 

三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬

古くから抗うつ薬として使用されてきた薬。現在はSSRIやSNRIに反応しない重症例などに使用されている。四環系は三環系に比べて副作用は少ないと言われている。

 

三環系抗うつ薬

アモキサンカプセルアモキサン細粒(アモキサピン)

トリプタノール(アミトリブチン)

トフラニール(イミプラミン塩酸塩)

アナフラニール(クロミブラミン塩酸塩)

プロチアデン(ドスレビン塩酸塩)

スルモンチール(トリミブラミン マレイン酸塩)

アンプリット(ロフェプラミン塩酸塩)

 

四環系抗うつ薬

テシプール(セチプチリン マレイン酸塩)

ルジオミール(マブロチリン塩酸塩)

テトラミド(ミアンセリン塩酸塩)