お薬・サプリメント事典

抗不安薬(精神安定薬)

抗不安薬は不安や緊張を軽減するための薬です。

不安の根本が解決されるものではありませんが、不安を強く感じ身体的な症状が出る人には、精神的な安定が得られるため効果があります。

体内の薬の濃度が半分になるまでの時間を「半減期」といいますが、半減期の長さにより「短時間型」「中間型」「長時間型」「超長時間型」の種類に分けられます。

「半減期」の長さは、お薬の「作用時間」の目安となります。

 

短時間型(半減期が3~6時間程度)

商品名(一般名)

リーゼ(クロチアゼパム)

デパス(エチゾラム) 

コレミナール(フルタゾラム)

 

中間型(半減期が12~20時間程度)

商品名(一般名)

ワイパックス (ロラゼパム)

コンスタンソラナックス(アルプラゾラム)

レキソタンセニラン(ブロマゼパム)

 

長時間型(半減期が20~100時間程度)

商品名(一般名)

セルシンホリゾン(ジアゼパム)

セパゾン(クロキサゾラム)

エリスパン(フルジアゼパム)

コントールバランス(クロルジアゼポキシド )

セレナール(オキサゾラム)

レスミット(メダゼパム)

メレックス(メキサゾラム)

メンドン(クロラゼプ酸二カリウム)

 

超長時間型(半減期が100時間以上)

商品名(一般名)

メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)

レスタス(フルトプラゼパム)

セダプラン(プラゼパム)