お薬・サプリメント事典

催眠薬(睡眠薬)

睡眠薬は薬の効果が作用する時間に合わせて

「超短時間作用型」

「短時間作用型」

「中間作用型」

「長時間作用型」の4種類に分けられます。

 

超短時間作用型

睡眠薬を摂取して、薬の血中濃度が最大になるまでの時間が1時間程度です。1回の摂取で2〜4時間の効果を期待できるため、なかなか眠れない人に使われます。効果が出るための時間が短いため、薬により翌日まで眠気が続くことはほとんどありません。

商品名(一般名)

ハルシオン(アリオゾラム)

アモバン(ゾピクロン)

マイスリー(ゾルピデム酒石酸塩)

 


短時間作用型(短時間型)

超短時間作用型と同様、効果が現れるまで5〜10時間と比較的早めです。入眠障害がある人はもちろん、中途覚醒で悩んでいる人にも適応されます。薬の効果が翌日まで続くこともほとんどありません。

商品名(一般名)

デパス(エチゾラム)

レンドルミン(ブロチゾラム)

リスミー(リルマザホン塩酸水和物)

エバミール(ロルメタゼパム)

ロラメット(ロルメタゼパム)

 


中間作用型(中間型)

作用時間が15〜24時間ある睡眠薬。早朝覚醒がある方に適しています。日中も薬の効果が続くため、気持ちの不安が強い人にも使用されます。長く効果が続くため、翌日にも薬の影響で眠気やだるさを感じることもあります。

商品名(一般名)

ロヒプノール(フルニトラゼパム)

サイレース(フルニトラゼパム)

ユーロジン(エスタゾラム)

ベンザリン(ニトラゼパム)

ネルボン(ニトラゼパム)

 

 

長時間作用型(長時間型)

30〜40時間にわたり薬の効果が続きます。抗不安薬としての効果もあるため、うつ病や統合失調症などの精神疾患による不眠で悩んでいる人にも用いられます。

商品名(一般名)

ドラール(クアゼパム)

ソメリン(ハロキサザラム)